夫のモラハラ(その2)

「事件があってからじゃないと警察は動けないんですよねえ」

=「一発殴られてから相談に来てもらわないと」ということです。

 

モラハラ(精神的DV)では、日本では刑事事件になりませんし、保護命令を取得するのもかなり困難です。

ただ、言えるのは「別れた方がいいです」ということ。

貴重な人生を何もそんな環境で生きることに費やすことはありません。

ちょっと、お風呂を沸かすタイミングを間違えただけで

「何やってるんだよ!人が働いている間テメエは何やっていたんだよ!」と怒鳴られ、

土下座させられて、夜になっても寝せてもらえず‥とか、

子供のことで相談すると、「お前の育て方がダメなんだよ」とため息をつかれ、

食事は中断して、ドアをバタンとしめて出かけて、寝室に直行してふて寝、

その後も話しかけても一切返答なしで、職場から「反省文を提出せよ」とメール‥とか、

こういうのが異常だなと感じる人でないと、とても婚姻生活はおくれないでしょう。

昔は、こういう場合でも「考え方の違い」とか「性格の不一致」などと片付けられて、

文句を言う方がおかしいと思われていたのかもしれませんが、それは違うのです。

精神が破壊される前に別れた方がいい。