遺言書を見つけた時の対処法

遺言を勝手に開封したが遺産は欲しい

父が先日亡くなりました。相続人は次男の私と兄です。

父の死後すぐに父が管理していた金庫を開けてみると、

封印してある「遺言書」と表書きされた封筒が出てきました。

私はびっくりして、

すぐにその封筒を開けて遺言書を読んでしまいました。

その後、遺言書があったので開けて読んでしまったことを兄に伝えると、

「勝手に遺言書を開封したのだから、遺産はやらない」と言われました。

遺言書自体は有効。

開封後でも遺言書を家庭裁判所に提出して

検認を請求する。

解説 ~封印ある遺言書を勝手に開封してしまったら、どうなるか?~

公正証書遺言以外の遺言書の保管者または、保管者がいない場合の遺言書の発見者は、

相続の開始を知った後、遅滞なくこれを家庭裁判所に提出して「検認」を請求しなければなりません。

「検認」とは、遺言書の保存を確実にして後日の変造や隠匿を防ぐ手続を指し、

遺言書の形式や内容を記録して検認調書に記載し、

通常は遺言書のコピーが検認調書に添付されます。

 

また民法上、

封印のある遺言書

(※秘密証書方式の遺言書だけではなく、

自筆証書方式または特別方式の遺言書が封印されている場合もこれに該当します)

の開封は、家庭裁判所で

相続人またはその代理人の立会いのもと、行わなければならないとされています。

 

もっとも実務上は、立会の機会を与えるために、その通知をすれば足りるとされています。

したがって、被相続人の死亡後に封印のある遺言書を見つけたからといって、

勝手に開封してはいけません。

 

もっとも開封してしまったからといって、

開封者の相続権が失われたり、遺言が無効になったりはしません。

開封者が、手続違反の制裁として裁判所から5万円以下の過料に処せられる場合があるというだけです。

過料に処せられた場合でも、

遺言書の保管者には、遺言書の検認を家庭裁判所に請求する義務が課せられています。

 

事例の場合、相談者は5万円以下の過料に処せらるかもしれませんが、

相続権を失うわけではなく、遺言書の効力も失われません。

したがって、遺言書を家庭裁判所に提出して検認を請求し、

遺言書にしたがって遺産を相続することが可能です。

遺言書を隠匿すると受遺欠格者となる 

遺言書は相続人の権利関係を左右するもののため、

被相続人の死後に遺言書が出てくると慌ててしまう人もいます。

封印のある遺言書を開封しても、

上記の通り過料に処せられるだけで相続権は失われないですが、

遺言書を隠した場合は別です。

検認請求義務を負う人が遺言書を隠匿すると相続欠格者となり、

受遺者が遺言書を隠匿すると受遺欠格者となります。

自分にとって不利な遺言書が出てきたからといってそれを隠匿すると、

制裁として相続権を失うことになるため注意が必要です。