遺言執行者の解任

遺言執行者が信用できない

父が先日亡くなりました。相続人は、私と弟です。

父は、遺産のうち、土地建物は私に、預金は弟に相続させる旨、及び、

父の知り合いの弁護士を遺言執行者に選任する旨の公正証書遺言を残していました。

そして、それに基づき、その弁護士が遺言執行者となりました。

しかし、何度催促しても、土地建物の移転登記手続をしてくれません。

内容証明郵便で催促するなど、

証拠を残したうえで、家庭裁判所に

遺言執行者の解任請求する。

解説 ~遺言執行人は変更することができるのか?~

遺言執行者が選任された場合、遺言の執行は、遺言執行者によってなされます。

しかし、遺言執行者が任務を怠っていたり、相続人らの利害関係人の行為を過度に妨げていたりなど、

正当な理由がある場合には、利害関係人は遺言執行者の解任を家庭裁判所に請求することが可能です。

 

遺言執行者は、遺言者の最終の意思を実現するために存在します。

だからこそ、遺言執行者がいる場合には、相続人は遺言の執行を妨げるような行為をしても無効となります。

家庭裁判所は、遺言執行者解任の申立てがあった場合、必要があると認める場合には、

申立によって、遺言執行者の職務の執行を停止し、または職務を代行する者を選任することが可能です。

これは、家庭裁判所の審判を待っていても利害関係人に著しい損害が生じる場合に、

仮に遺言執行者の任務を停止、または代行させる制度です。

 

事例の場合、後に証拠として残る形で催促したうえで、

それでも移転登記手続をしない場合は、家庭裁判所に解任請求すべきです。

そのうえで、兄弟で遺産分割方法について争いがなければ、遺言の内容にしたがえば足ります。

もし兄弟のいずれかが遺言の内容に納得しない場合は、相続人自身による遺言の執行は困難でしょうから、

家庭裁判所に新たな遺言執行者の選任を請求するべきでしょう。

なお事例の遺言執行者の場合は、ひょっとすると忙しくて執行の仕事を後回しにしていた、

ということも考えられるため、「解任を請求する」と言えば、

いの一番に仕事を真面目にやり始めるかもしれません。

遺言執行者は辞任できる

遺言執行者は、原則として、その任務を辞することは許されません。

しかし、遺言の執行に困難な事情が存在する場合であっても

辞任ができないとするのはおかしな話です。

そこで、正当な理由がある場合には、

家庭裁判所の許可を得て辞任することができるとされています。