遺言執行者とは

遺言執行者の弁護士は信用していいのか

父が亡くなりました。相続人は、私と弟です。

父は生前、「遺言書を書いた」と言っていたそうですが、私は知りませんでした。

父が亡くなって少しすると、突然、遺言執行者と称する見知らぬ弁護士が現れました。

父は公正証書遺言をしていたようです。どうすればよいでしょうか。

相続人は、基本的に遺言執行者に

したがわざるをえないが、

職務怠慢などがあれば解任請求する。

解説 ~遺言執行者には、どのような権限があるか?~

遺言の内容を実現するために、誰かが法律行為や事実行為をしなければならない場合があります。

これを「遺言の執行」と言います。

遺言の執行は、原則として、相続人自身が行ってよいとされていますが、

遺言執行者が選任される場合もあります。

 

遺言執行者の選任は、遺言によるか、または、利害関係人の請求によって家庭裁判所が行います。

遺言執行者の選任がなされても、選任された人としては、それを承諾する義務はありません。

しかし、承諾した場合には、直ちにその任務を行わなければならないとされています。

また、承諾するかどうか返答しない場合のために、利害関係人には返答を催告できる権利があります。

 

遺言執行者は、まず遅滞なく相続財産の目録を調製して、相続人に交付しなければなりません。

次に遺言執行者は、被相続人が遺言によって表示した最終意思が実現されるように、適切に遺言を執行する必要があります。

また遺言執行者がいる場合は、遺言の対象となった相続財産について、

処分その他遺言の執行は遺言執行者が行います。

もし、相続人がそのような行為をした場合には、その行為は無効となります。

さらに、遺贈により不動産を取得したと主張する受遺者と相続人との間の紛争では、

受遺者の相手方として裁判の当事者となるのは遺言執行者に限られ、相続人は相手方となれません。

 

事例では、父が公正証書遺言によってその弁護士を遺言執行者に選任し、

弁護士が遺言執行者に就任したのでしょう。

長男としては、遺言執行者の行為にしたがうことになります。

そして、遺言執行者に職務の怠慢などがあれば解任請求することになりますし、

遺留分が侵害されるような遺言であれば遺留分減殺請求をすることができます。

遺言執行者がいる限り、遺言の内容は守られる

上記の通り、遺言執行者がいる場合、遺言の執行を妨げるような相続人の行為は無効となります。

このことは、遺言執行者として指定された者が選任を承諾する前でも変わりません。

なぜなら、もし選任の承諾前の処分は有効であるとすると、

遺言の存在を知った相続人がいち早く相続財産を処分することによって、

遺言者の意思に反する結果を容易に実現できるためです。