遺留分の事前放棄

遺留分を放棄したが遺産は欲しい

私は、両親の反対を押し切って、今の夫と結婚する際に、

遺留分を放棄する旨の念書を書かされて家を出ました。

その後ずっと両親とは音信不通状態だったのですが、

先日、母が遺産を全て父に贈与する、という遺言を残して亡くなりました。

今では私にも娘ができ、両親の気持ちも少しはわかるようになりましたが、

遺産がまったくもらえないというのは納得できません。

こう対処せよ

遺留分の事前放棄は、

家庭裁判所の許可を受けていなければ

無効であることを主張する。

解説 ~本当に遺産が何ももらえないのか?~

事前に相続放棄することはできませんが、遺留分の放棄は家庭裁判所の許可を得れば可能です。

事例のように、両親に反対される結婚をしようとする子どもが、

遺留分放棄の念書を書かされることもありますが、

念書が家庭裁判所の許可を得ていない場合の遺留分放棄は無効であり、

原則としては、長女が遺留分を主張してくれば父は応じなくてはなりません。

 

また、家庭裁判所の許可を得た場合であっても、

遺留分の事前放棄が、真に遺留分権者の意思に基づくものといえなければ放棄は無効です。

結婚を認める代わりに遺留分放棄を強制したような事情があれば、

家庭裁判所の許可があっても無効となる場合があります。

さらに、非常にまれではありますが、一度家庭裁判所の許可を得て有効な事前放棄をした場合でも、

その後よほど事情が変わった場合には、遺留分放棄の取り消しが認められる場合もあります。

 

ちなみに、母が遺言を残さずに死亡した場合はどうなるでしょうか。

仮に遺留分の事前放棄が有効であったとしても、相続の放棄とは異なるため、

長女が相続権を失うわけではありません。

したがって、遺言がなければ法定相続分どおり、

夫と長女が2分の1ずつ相続することになります。

よって、どうしても相続させたくない場合は、

あらかじめ家庭裁判所の許可を得て有効に遺留分放棄させ、

さらに、長女に財産を残さないよう遺言しておくべきでしょう。

 

ところで、相続開始後に長女が遺留分を放棄した場合(この場合家庭裁判所の許可は不要です)には、

長女がその後に遺留分を主張してきても、もちろん応じる必要はありません。

また、諸般の事情を考慮して遺留分の主張が権利濫用となる場合があります。

「遺留分の事前放棄」の背景 

遺留分の事前放棄が認められたのは、

複数の子が均等に農地を相続すると農地が細分化されてしまうため、

後継者以外の子どもには遺留分を放棄させたいというニーズがあったためです。

一方で親に放棄を強制される子も多いため、家裁の許可が必要とされました。