親族間の貸借

親からお金を借りていた弟より多くの遺産が欲しい

私の父が亡くなりましたが、弟は父からかなり借金をしていました。

逆に、私は、父に相当お金を貸していました。

弟はのらりくらりとして借金をうやむやにしようとしていますが、

この場合、弟の借金や私の貸金は、相続によってどうなってしまうのでしょうか?

こう対処せよ

弟に対して、父からの借金及び

父に対する貸付金を返済するように請求する。

解説 ~生前の金銭の貸借が相続にどのように影響するか?~

まず、弟の借金は、父が弟に貸金債権を有していて、

この貸金債権が相続によって、弟と兄に相続されたということになります。

そして、可分債権(金銭債権など)は相続開始により法定相続分にしたがい分割されます。

したがって、たとえば、父から弟への貸金が1000万円だったとすると、

500万円ずつ弟への貸金債権が兄と弟それぞれに相続されるため、

兄は弟に対して500万円の債権者となります。

 

弟は、自分がもともと債務者(借主)であったにもかかわらず、

父の債権者(貸主)の立場を相続してしまったため、

債務者でもあり、債権者でもあるというおかしなことになってしまいます。

このように、何かの事情で債権と債務が同一人に帰した場合には

民法上、債権・債務は消滅するとされていて、このことを「混同」と言います。 

 

兄の貸金も弟の場合と同様に考えることが可能です。

父の債務者(借主)の地位が、相続によって弟と兄に分割されて承継されます。

たとえば、兄が父に1000万円貸し付けていたとすると、

500万円の債務が弟に承継されるため、兄は(父に代わって)弟に借金を返すよう請求できます。

 

また、兄は、もともとは債権者(貸主)ですが、

父の債務者(借主)としての地位を相続により承継されるため、

債権と債務が同一人に帰すことになり、

やはり「混同」によって債権は消滅します。

弟が相続放棄してしまったら

事例において、仮に、父の財産が弟に対する貸付金以外には何も存在しないとします。

すると弟は、父の(兄からの)借金を相続することを嫌って、相続放棄するでしょう。

その場合、兄は、父に代わって借金の返済を請求することはできなくなりますが、

兄が相続する限り、父に対する貸金の請求は(弟の相続放棄に関係なく)弟にすることができます。