被相続人死亡直前の金銭の出入り

財産を引き出した長男より多く遺産が欲しい

ずっと寝たきりだった父が先日亡くなりました。

父名義の預金の取引明細を調べると、

死亡直前に多額のお金が引き出されていることが判明しました。

父は認知症で、自分の意思で払い戻したはずがありません。

こう対処せよ

まず、誰が払い戻したのか、

そのお金はどこにあるのか、何に使ったのかを確認する。

死亡直前の多額の払い戻しは遺産に含まれるか?

遺産とは、被相続人が死亡した時点における財産の総体を言います。

預金であれば、死亡した日における預金残高が遺産です

(定期預金などについては死亡日時点での利息計算が必要です)。

そして、この遺産が相続人に相続されることになります。

 

しかし、誰かが勝手に被相続人の預金を引き出して自分の借金返済に充ててしまったような場合には、

それだけ遺産が減ることになり、相続人が本来相続すべき財産が減ってしまいます。

そこで、勝手に引き出された預金も遺産に戻せないかが問題になります。

 

税務署は、相続税申告書のチェックをする際に、

死亡直前に多額の払い戻しがあった場合には遺産に含めて計算するようですが、

法律的には多額の出金があったからといって相続人が勝手に遺産に戻してしまうことはできません。

たとえば、その払い戻されたお金が被相続人の入院費用の支払いや借金返済などに充てられていた場合は、

本来被相続人が負うべき債務を被相続人の財産で支払っただけですから、

原則としてその額を遺産に戻すことはできませんし、その必要もありません。

しかし、相続人Aが勝手に300万円払い戻して自分のために使ってしまったような場合は、

被相続人からAに300万円の贈与があったものとみなして、ほかの相続人はAに対し、

特別受益として持ち戻すよう要求できる可能性があります。

つまり、計算上300万円を遺産の価額に加えて遺産を分割し、

Aの取り分から300万円を差し引く方法をとることができます。

 

いずれにしろ、まずすべきことは、誰が何のために払い戻したか、

そしてそのお金が何に使われたのかを調べることです。

銀行に対する照会で、払い戻し依頼票を取りよせて筆跡を確認すると被相続人のものではなかったとか、

およそ被相続人が自分の足で行けないような場所のATMで引き出されていたということで、

実は、ほかの相続人が使い込んでいたことが判明するケースもあります。

葬式費用は持ち戻すべきか

預金が葬式費用に支出された場合に持ち戻すべきかは争いがありますが、

葬式費用は喪主が負担すべきものと考えると持ち戻しを認めることになり、

遺産から支出すべきものと考えれば持ち戻しは不要となります。

相続人全員で話し合って合意できれば、それが最も望ましいでしょう。