現物分割の不都合

家はいらないが,現金が欲しい

先日父が亡くなりましたが、

その遺産は父母が住んでいた家屋とその敷地のみです。

相続人は母と兄、私の3人ですが、

3人で不動産を共同相続するより、現金が欲しかったのですが・・・・・。

こう対処せよ

土地家屋を売却して代金を3人で分けるか、

1人が不動産を相続して

ほかの2人に現金を支払うかを検討する。

遺産が不動産しかない場合、どう分けるか

遺産分割の最も単純な方法は、すべての遺産をそのまま分ける方法です。

たとえば、土地家屋はAさん、銀行預金はBさんとCさんで半分ずつ、

株式と現金はCさん、というように分けるものです。これを「現物分割」といいます。

しかし、このような現物分割の方法では、それぞれの本来の相続分より多く相続する人と

そうでない人が生じてしまい、なかなか合意できない場合もあります。

 

事例のように、遺産が不動産しかない場合には、不要な不動産をもらうより、

「相続税を払うためにも現金のほうがありがたい」ケースも多いでしょう。

そこで本来の相続分より多く相続した人が、

その多い分だけ現金でほかの相続人に支払う方法がしばしば採られます。

これを「代償分割」といいます。

 

事例でも、母、長男、次男の相続分はそれぞれ2分の1、4分の1、4分の1となりますが、

遺産が土地家屋しかないため、その家屋に居住している母がこれを相続すると、

兄弟は何も相続できないことになります。

そこで土地家屋の評価額の4分の1ずつを、母が現金で兄弟に支払います。

土地家屋の評価額が1億円とすると、兄弟は不動産をもらえないことになりますが、

2500万円ずつもらえることになります。

 

しかし、母が兄弟に払う現金を持っていないことも考えられます。

また、土地家屋の評価額を巡って争いになることもあります。

このような場合には、思い切って土地家屋を売却し、

その売却代金を相続分にしたがって分ける方法があります。これを「換価分割」と言います。

母の住む家がなくなってしまいますが、

売却代金でもっと小さなマンションを買うなどしてもよいでしょう。

土地家屋を売却しないためには

ここで挙げた分割方法以外に、土地家屋をそのまま3人の共有にする方法もあります。

その場合、母の持分が2分の1、兄弟がそれぞれ4分の1の持分を有することになります。

さらに、家屋の空き部屋を賃貸できる場合には、母が土地家屋を相続し、

賃料収入を兄弟に配当するといった方法なども可能です。