特別受益の計算

結納金をもらった姉には相続してほしくない

父が亡くなりました。

母は既に亡くなっていて、相続人は私(次女)と姉の2人だけです。

私は独身ですが、姉は結婚した時に両親から多額の結納金をもらっているので、

遺産はすべて私がもらうのでなければ不公平です。

こう対処せよ

多額の結納金は特別受益となることを

姉に説明して、相続分から減額する。

生前に贈与された結納金は、相続分から減額することができるか?

「特別受益」とは、相続人のうち、被相続人から遺贈を受けた者がいる場合や、

婚姻・養子縁組のため、あるいは生活費などとして贈与を受けていた者がいる場合に、

そのような贈与を受けていない相続人との間で公平を図るため、

贈与を受けていた分だけ、贈与を受けていた相続人の相続分を減らすものです。

 

事例のような場合、姉がもらった結納金が300万円で、相続財産が700万円だったとします。

まず、姉がもらった300万円を、相続財産に計算上戻して、1000万円を姉妹で相続すると考えます

(この1000万円を「みなし相続財産」と言い、計算上戻すことを「持ち戻し」と言います)。

すると1人500万円ずつ相続することになりますが、姉は既に300万円もらっているため、

実際に相続するのは200万円となります。一方、妹は500万円相続できます。

 

それでは、結納金が300万円で、相続財産が100万円だった場合はどうなるでしょうか。

持ち戻しをすると、相続財産は400万円となりますから、姉妹は200万円ずつ相続できるはずですが、

姉は結納金として300万円もらっています。

この場合、姉は、既にもらっていた結納金のほうが多くても、返還する必要はありませんが、

当然ながら100万円の相続財産からは1円ももらえないことになります。

一方妹は、100万円全額を相続できますが、足りない100万円分を姉に請求することはできません。

 

 

なお、特別受益は、

 

1.婚姻のため

2.養子縁組のため

3.生計の資本のため

 

の贈与のことですが、これに該当しない生前贈与の場合であっても、原則として、

被相続人が亡くなる1年前の贈与であれば相続財産に持ち戻すことになります。

保険金も持ち出しの対象となることがある

相続人の1人だけが養老保険の死亡保険金受取人に指定されていた場合、

その死亡保険金が特別受益に該当するかどうかについては、

「これにより生ずる不公平が到底是認することができないほどに

著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合」には、

特別受益に準じて持ち戻しの対象となります。