相続税

相続税の計算方法を知りたい

サラリーマンの夫が亡くなり、相続人は私と子2人です。

これまで私自身税金の申告などしたことがなく、どうしていいかよくわかりません。

相続税がいくらになるかはどう計算すればいいのでしょうか。

相続税はどのように計算するのか?

相続税の計算の仕方について、順を追って説明します。

 

 1.「遺産額」を計算する
    遺産額=積極財産-(非課税財産+消極財産+債務控除の対象となる葬式費用など)

 

 2.「課税価格」を計算する
      課税価格=遺産額+相続開始前3年以内の贈与財産

 

 3.「課税遺産額」を計算する
      課税遺産額=課税価格-基礎控除
      ※基礎控除=(5000万円+1000万円×法定相続人数)

 

 4.「法定相続分で分配された課税遺産額」を計算する
    配偶者:2分の1、子2人:4分の1

 

 5.「相続税の総額」を計算する
      法定相続分で分配された課税遺産額×各人の取得金額に応じた相続税率を合計する

 

 6.「納税額」を計算する
    納税額=相続税の総額を実際の取得割合で配分-税額控除

 

 

7億円の遺産を相続人3人(妻・子2人)で相続する場合、

計算方法は以下のようになります。

 

  1.「遺産額」を計算する

       遺産額     =積極財産-非課税財産+債務+葬式費用など
       6億9000万円=7億円-300万円+200万円+500万円

  2.「課税価格」を計算する

       課税価格       =遺産額+相続開始前3年以内の贈与財産
       7億5000万円=6億9000万円+6000万円

  3.「課税遺産額」を計算する

       課税遺産額  =課税価格-基礎控除
       6億7000万円=7億5000万円-8000万円

  4.「法定相続分で分配された課税遺産額」を計算する

       妻  (法定相続分2分の1)=3億3500万円
       長男(法定相続分4分の1)=1億6750万円
       長女(法定相続分4分の1)=1億6750万円

  5.「相続税の総額」を計算する

          妻   3億3500万円×50%-4700万円=1億2050万円
          長男 1億6750万円×40%-1700万円=5000万円
          長女 1億6750万円×40%-1700万円=5000万円
                                 合計2億2050万円(相続税の総額)

  6.「納税額」を計算する

          2億2050万円を実際に取得した割合で按分して納税額を算出

 

*事例の場合には遺産額が多額ですが、妻1人、子ども2人でも、基礎控除が8000万円まであるため、それを超えるような遺産がなければ相続税は発生しません。さらに、妻には1億6000万円までの控除があるため、子が了承のうえで、一旦は妻に相続させるのであれば、1億6000万円まで相続税がかからないことになります。