相続人調査

誰が相続人なのか分からない

私の兄が亡くりましたが、兄は未婚であったものの付き合っていた人はいました。

また、ほかの兄弟は既に亡くなっていたり、

離婚・再婚していたり、養子をとっていたりと

かなり複雑で、どう手をつけてよいか分かりません。

こう対処せよ

兄の戸籍(除籍)謄本からはじめて、

出生時の戸籍を取り寄せ相続人を調査する。

解説 ~相続人がわからない状態で遺産分割はできるのか?~

 まず、「戸籍」とは、家族、つまり1組の夫婦とその子らを一括りにした箱のことを言います。

そして、戸籍謄本とは、市区町村長が「戸籍の全部」について原本と相違ないと認証したものです

(ちなみに戸籍の一部につき認証したものを「抄本」といいます)。

戸籍謄本には「筆頭者」欄がありますが、通常は、父親がその筆頭者として記載されています。

そして、子がやがて結婚すると、それまでの戸籍から抜けて新しい戸籍を作り、

そこに入ることになります。

ちなみに、結婚によって戸籍を抜けるのは女性に限りません。

男性も同様にそれまでの戸籍を抜けることになります。

したがって、よく女性に対して「お前は○○家を出た」などと言う男性がいますが、

戸籍上は男性だって○○家を出ています。

 

このように子どもらが次々と戸籍から抜けていき、

やがて父親が亡くなり、最後は母親が亡くなるとしますと、

それまでの戸籍に所属している人は(蝉の抜け殻のように)空になってしまうため、

その戸籍を閉鎖する必要が出てきます。

この戸籍を閉鎖することを「除籍」と言い、

その空っぽの戸籍の状態を表したものが「除籍謄本」です。

 

事例では、兄は未婚で、ずっと親を筆頭者とする戸籍に属していたはずのため、

両親のいずれかがまだ健在であれば戸籍謄本を、

いずれも亡くなっていて、兄が亡くなったため、その戸籍が空っぽになってしまったのであれば除籍謄本を、

とることになります。

 

いずれにせよ、市役所の戸籍係の人は慣れているため、

「相続のための一揃いの戸籍が必要だ」と言えば対応してくれるはずです。

「改製原戸籍」も忘れずにチェックする 

「改製原戸籍」というのを見たり聞いたりしたことがあるでしょうか。

戸籍は、何度かの改製(様式の変更)を経ていますが、

その改製前の戸籍を「改製原戸籍」と言います。

改製後の戸籍には、その時点で在籍する者のみが移記されているだけなため、

改製後の戸籍にない情報を得るために、改製原戸籍もとりましょう。