代襲相続・再代襲相続

兄の遺産分割に参加してきた死亡した弟の孫を排除したい

私たち4人兄弟のうち、末弟はすでに亡くなっていて、

先日、長兄が亡くなりました。

長兄には、妻も子もなく、 今後の先祖の墓守も含めて、

 私と弟で話し合っていたところ、

その末弟の孫が 「遺産分割について話し合おう」と連絡してきて

非常に腹立たしい思いをしています。

こう対処せよ 

末弟の孫には再代襲相続権がないことを主張して、

ほかにも相続権がある者がいないか調査する

解説 ~四男の孫は相続人なのか?~

相談者にとって、日頃の付き合いのない既に亡くなった末弟の孫が率先して、

相続を呼びかけるというのは人情としては甚だ不愉快でしょう。

民法上は「代襲相続」といって、

本来の相続人が被相続人より先に死亡している場合には、

その子が代わって相続人になる形態の相続が認められています。

 

さらに、「再代襲相続」といって、

代襲相続権を有する者も死亡している場合には、

その子や孫(本来の相続権者から見た孫やひ孫)が相続する場合も認められています。

しかし、この再代襲が認められるのは

「直系血族」つまり、被相続人の孫、ひ孫である場合であって、

兄弟のような傍系血族の場合には、代襲相続までしか認められません。

したがって、事例の孫には相続権が認められないため、

そのような者からの遺産分割の呼びかけは無視するか、

相続権がない旨を主張すれば足ります。

 

ただし、4男が既に亡くなっていて、4男の子には代襲相続権があるため、

慎重に相続権を有する者について調査した方がよいでしょう。

 

ちなみに、本来の相続権者が「死亡」した場合に限らず、

その者が「相続欠格事由」に該当する場合や、

被相続人から「廃除」されて相続できない場合にも、

代襲・再代襲相続は起こります。

相続者が「相続放棄」をした場合には代襲・再代襲相続は生じません。

代襲相続には借金も含まれる

代襲・再代襲相続は、金(消極財産)の相続の場合にも問題となります。

既に親が亡くなっていて、その後、借金を負う祖父母が亡くなった場合には、

その祖父母の借金を背負う羽目になりかねないため、

代襲・再代襲があるか確認して、相続放棄などを検討する必要があります。